Ciao!Peperoncino 2008

アクセスカウンタ

zoom RSS コラム 【サーキットを走るために〜Part2】、「装備編」

<<   作成日時 : 2008/10/02 02:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像














【サーキットを走るために〜Part2】

チャオペペ参加予定のみなさんこんばんは。
サーキット走行担当のHataです。
今回はサーキットを走る上での「装備」についてお話します。

最低限必用なモノとは?
まず
◇ヘルメットです。
ただしチャオペペでヘルメット着用義務の有無は走るクラスによって異なります。
着用義務のないクラスもありますが、少しヘルメットに関してお話します。

4輪用のヘルメットは確かにクルマで走るには最適ですが、いかんせん値段が高いです。
ですから2輪用で構いません。
フルフェイス、オープンフェイス、どちらでもOKです。
これならご自身でお持ちでなくても、2輪ユーザーからの借用も可能だと思います。
アライやショウエイといったメジャーブランドでなくても構いません。
2輪用ならバイク店で購入できますし、試着できるのも大きなメリットです。
サイズが分かればネットでも安く購入できます。
個人的には仮にチャオペペでヘルメットが義務付けにならなくとも是非着用していただきたいと思います。
大きなクラッシュにならなくても、クルマが普段では有り得ないような挙動になり、激しく頭部が揺られる可能性もあります。そのとき窓に頭をヒットすることもあるのです。

安全装備にオーバークオリティはありません。

ヘルメットをひとつ購入し、カッティングシートなどでちょっとカラーリングなんていうのも楽しいですよ。

◇グローブ
グローブも義務付けになるかは不明ですができれば着用しておきたいところです。
もちろん軍手でもOKなのですが、仮にもチャオペペ・・・
軍手はちょっといただけません。
そこでお奨めなのがカート用グローブです。
見た目は本格的なレーシンググローブとほとんど同じです。
しかし値段は半額以下、ネットなどでうまく探せばさらに安く購入できます。
イタリア車オーナーならOMPやsparcoなどがお奨めです。

◇シューズ
これは普段履いているスニーカーやドライビングシューズで充分です。
ラバーソールで履き慣れていることが大切です。
PUMAのフューチャーキャットやレースキャットなどのローカットはレーシングシューズをベースに作られています。

◇その他
基本的にサーキットを走る上での装備というのは長袖・長ズボン・ヘルメット・グローブ・シューズということになります。
ヘルメットとグローブ以外は、普段使われているものでけっこうです。
ただ、走行会といえども安全装備は非常に大切だと考えます。
普段と変わらないペースで走るにしても安全装備を身に付けるということは、すなわち高い意識を持つことに繋がります。
草野球でもユニフォームを着てプレーするのと同じです。
チャオペペは「競技」ではありませんがサーキット走行に見合った服装・装備をするというのはサーキットやクルマに対する「敬意」でもあると言えます。
決してチャオペペのために買いましょうというのではありません。
用意できる範囲で、できる限りの装備をしましょうということです。

◇オマケ〜今後サーキットを積極的に走りたいという方へ
自身の経験を振り返ってお話しますが、ヘルメットをはじめ、必要最低限の装備品は何を選んで良いのか
最初はなかなか分からないものです。
そこで・・・・
ヘルメットは前述のように2輪用でOKです。
しかしクオリティの高いモノを選ぼうとすると、実は4輪用と値段は同じくらいになります。
中には4輪用よりもはるかに値段の高い2輪用もあります。
4輪用ではアライのGP-2Kというベーシックモデルで約3万円くらいです。
F-1ドライバーも使っているアライですので、お奨めモデルです。
一方、いちばん悩むのがレーシングスーツです。
NOMEX(難燃性生地)使用の本格モデルとなるとスパルコあたりのベーシックモデルでも5万円以上します。
さすがになかなか手が出ません。
そこで注目したいのがカートスーツです。
こちらも、見た目はほとんどレーシングスーツと変わりません。
NOMEXを使っていないだけです。
これだと2万円程度で購入できます。
私もレースを始めたころはカートスーツを愛用していました。
NOMEXが義務付けのJAF戦や、火災の心配があるハイチューンドに乗るのでなければカートスーツは非常にリーズナブルです。
グローブもシューズも、同じようにカート用は重宝します。
値段がNOMEX仕様ではない分だけ安いからです。
デザインも良いモノが多いです。

今後もサーキット走行を積極的にしてみたいという方は
ヘルメットやスーツも考えてみてはいかがでしょうか。


次回は【サーキットを走るために〜Part3】『走行編』です。お楽しみに。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コラム 【サーキットを走るために〜Part2】、「装備編」 Ciao!Peperoncino 2008/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる