Ciao!Peperoncino 2008

アクセスカウンタ

zoom RSS コラム2

<<   作成日時 : 2008/09/16 19:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

皆様お疲れ様です。

今年のCiaoPepeスタッフによるコラム第2弾が送られて来ました。


vinyaさんによる「映画の中のイタリア車 第2弾」です。

この方自身、とてもお洒落なのですが、さすがお洒落な物事知っておられます。

是非お読み頂き楽しんで頂ければ幸いです。




1、「女性上位時代」LA MATRIARCA  1968年 イタリア
画像
 
画像
 
画像

何を隠そうこの映画は、私の思春期時代にとてつもないインパクトを与えた映画です。
ご多分に漏れず、いわゆる名作ではありませんが。少々、エッチ(当時としてはかなりです。)馬鹿なないようですが、この作品の特筆すべき点は製作が40年前にも関わらずインテリアデザインや終始流れているイタリアンボッサ(ボサノバオルガンの巨匠アルマンド・トラヴァヨーリ)等、センスが今この時代の最新なことです。
 そして、カトリーヌ・スパークの美しくて可愛いこと。
 彼女はもともと、上流階級の出身でお父さんは脚本家シャルル・スパーク、おじいさんはベルギーの外務大臣でした。幼少の頃から映画界からスカウトされていたようですが、当然お家柄で猛反対。17歳で単身イタリアへ渡り、はじけてしまったようです。
お年をめしてからもお奇麗で外交官の奥方ながら、TV等でご活躍のようです。
 この作品での役名はMIMIでしたが、ALFA ROMEO156GTAを世界で最初に購入されたオーナーの方(日本人)がその156GTAに名付けたのがMIMI、彼も彼女に心を奪われたのではないかと私は勝手に考えているんです。
 
さてこの映画で登場するイタリア車は彼女が運転する赤いフィアット124クーペ。
もう一台、MIMIがボーイハントするプレイボーイ風のイケ面の醜いGiulia。
この車が登場する時のシーン、殿方なら是非ご覧になって下さい。


2、ボビー・ディアフィールド Bobby Deerfield 1977  アメリカ
画像
 
画像
 
画像
 
画像
 
画像

この映画、こんなにすごい映画なのに日本では、DVDはおろかレンタル落ちのビデオも9000円とかで売っている知る人ぞ知る名作なんです。
その上、我らイタ車乗り、70年代F1好きにはたまらないBrabham BT 45を主人公のアル・パチーノがブラバムチームのエースドライバーという設定で出ています。
他にも当時の本物のF1映像を使っているためラウダがドライブするFerrari 312Tやらその他の国のフォーミュラーが続々登場します。
貴重な映像ですね。
他に今回の知的な正統派美女マルト・ケラーがAlfa Romeo Alfetta GT。
それから、監督は巨匠シドニー・ポラック、音楽はデイブ・グルーシン 脚本アルヴィン・サージャントと一流のスタッフです。
面白くないはずがありません。

YOU TUBEに結構あります。リンクは ↓

http://jp.youtube.com/watch?v=IaYSB_ejx7g&feature=related

http://jp.youtube.com/watch?v=zK_TgmXtm68


3、ビッグガン  TONY ARZENTA 1973年 イタリア
画像
 
画像
 
画像

往年のハードボイルドアクションって感じですか?主役はアラン・ドロンです。冒頭からAlfa Romeo 1750 Berlina が登場します。
が、登場してから数分で爆弾をしかけられて爆発です。奥さんと子供が身代わりになり、復讐を誓うといった具合です。
美女と言えば奥様なのですが有名ではありません。カルラ・グラヴィーナという個性派女優が出演しますがお好きな方もいらっしゃるかもです。
しかしながら、イタリアということもあって、アルファロメオの販売店が出てきてたくさんのアルファが登場し、その中にAlfa Romeo Montrealがちらっと出てくるんです。


皆様いかがだったでしょうか。

次回、どの様なコラムが寄せられるのか、私自身も楽しみにしております。

では皆様、また楽しみにお待ち下さいませ。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
かなり詳しい解説ですね。
思いもかけず実は多くの映画の中でイタリア車が使われているのですね。
それにしてもボビー・ディアフィールド・・・以前vinyaさんからお聞きしたことはありますが、あの時代のF-1がここまでハッキリと使われているとは!
是非今度見せて下さいね。
Hata
2008/09/17 22:39
こんにちは、コメントからコメントのお返事です。こちらこそよろしくお願い致し。因みにボビー・ディアフィールドはAMAZONでUSから取り寄せました。
VINYA
2008/09/18 09:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
コラム2 Ciao!Peperoncino 2008/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる